« 山婆~る・湯けむり紀行 | トップページ | みちのく湯けむり紀行 レポート② »

2014/06/29

みちのく湯けむり紀行 レポート①

@( ̄▽ ̄)@< みちのく温泉レポ♪



ンダダダ~~っとイってみま~!!





------------------------------------------------

飯坂温泉 波来湯

------------------------------------------------



Map7_2



------------------------------------------------



飯坂温泉は、鳴子・秋保とともに奥州3名湯に数えられ

2世紀頃には日本武尊が東征の折に、1689年には俳聖

松尾芭蕉が奥の細道の途中に立ち寄ったとされる

歴史ある温泉地 spa



◆飯坂温泉 波来湯(はこゆ)



------------------------------------------------






■6/21(土) AM8:10~9:00 立寄り





20140621_085225





共同浴場 波来湯(\300-) にて朝風呂♪





Iizaka





小江戸のやぐら風な建物入口からエレベーターで下へ



小ぢんまりと清潔な館内と浴室は 近年建築された感じで



鍵付きロッカーと洗面台が完備されています





浴室はシャワーブース4席と、熱湯・ぬる湯の湯船あり



ぬる湯といえども泉温は42℃あり 熱湯は44℃で



関東勢には熱すぎて 長く入れるものではない?





泉質は無色無臭の単純温泉らしいものの



少々ヌメリを感じるような弱アルカリ性の優しいお湯で



熟女もどきのモロ肌にはBetterなお湯かもね





いかんせん女湯のため 撮影写真が少なくて



詳細な情報は ばびぶろぐ に記載されてました





@(ノ∀`●)@< アタチもこんなBLOGにしたい~♪





P1080789



P1080788



P1080790










------------------------------------------------

肘折温泉 カルデラ温泉館

------------------------------------------------




Kaludera



------------------------------------------------



2007年には開湯1200年を迎えた肘折温泉郷

名の由来は、肘を折った老僧がこの地のお湯に浸かったところ

たちまち傷が癒えたという説をはじめ、諸説あり

湯量豊富にして霊験あらたか、さらに風光明媚



泉質もバラエティに富み

ナトリウム塩化物泉 → 高い保温効果 「あたたまりの湯」

ナトリウム炭酸水素塩泉 → 古い角質を洗い流す効果「美人の湯」

炭酸ガスによる血管拡張効果 → 各種傷病の緩和効果



昔ながらの湯治場として、観光客を癒す温泉郷として

広く人々に愛され続けている




◆肘折温泉郷HP



------------------------------------------------





■6/21(土) PM14:00~15:30 立寄り





Hijiori





地方3桁酷道が通行止めで到着が遅れた


メインの温泉街へは行かずピンポイント入浴


あえての黄金温泉へ spa





P1080845





@(・∀・)@< カルデラ温泉館(\450-)





HPには日帰り入浴施設が6つ紹介されていて



連れが炭酸風呂を希望したので



「天然炭酸泉」 とやらを初体験することに♪



@(・∀・)@<  しゅわしゅわ~?





20140621_145638 20140621_140311





まず内湯に入る前に 飲用の温泉を飲んでびっくり!!



口に含んだ瞬間ビリビリとシビレル感覚



まさに糖分ゼロの炭酸水!! sweat01





20140621_145456





女人専用内風呂は コノ引き戸の奥 heart04





Kaludera1





BUT!! 他の女人が入浴中のため~



コレはネットで拾った男湯画像 spa



女湯は洗い場&浴槽が反転したバージョンです





泉質は淡い黄金色~茶緑色の塩化物系で



舐めるとやや塩辛く 若干ヌメるような感触



人口の炭酸泉のように体中に気泡がつく事はなく



きめ細かなやわらかい泡が溶け込んでる感じ





泉温は朝の波来湯に比べると低い感じで



私的には 「いくらでも入っていられる」 泉温泉質



浴室全体が大正ロマンな板張りで開放的



天井が高い事も 「のぼせない工夫」 のようでした





浴槽の淵に腰をかけて 足だけ入浴をしていると



上半身から滝のように汗が吹き出します



お湯のきめが細かい証拠 肌吸収率もGOOD♪





Kaludera2





適当なところで 浴室の隅っこにある冷泉へ移動



膝下と肘下を同時に冷却する部分浴槽ですが



コチラは驚くような冷たさで 泉温10℃以下でしょ?





冷たさで10秒とつけていられないのですが



手足がちぎれんばかりの痛みが引く頃には



みるみる血行が良くなるのがわかります





冷却していない胴体部分がポッポとしてくると



手桶で頭から冷水をかけたい衝動に駆られます





実際に掛け冷泉をしてみると



お肌がキュキュ~っと引き締まって水を弾き



素人目にもツルサラお肌の出来上がり~♪





むしろ炭酸泉とはこの冷泉を指すのかな?



舐めてみると入浴前に飲んだ飲泉と同じ味でした





私は 温泉浴→冷泉浴 を3セットほど繰り返して



大満足で露天風呂へ移動しました





P1080850





到着時 露天風呂は男性専用タイム



1時間交代制で最後の女性タイムです♪





20140621_145821





女湯の脱衣所の窓から見えた建物



@( ̄^ ̄)@<当~然!! 移動は全裸禁止です!!





20140621_145850





石垣と蚊帳で囲まれた中は 料亭の池のような風情



なんとか泳げる深さと広さの浴槽を



@(ノ∀`●)@< 私は犬かきで3往復しました♪





20140621_1503281





@( *´艸`)@< んぁぁぁ~ 満足満足♪ heart04





つづく...¢@(-∀-○)@

|

« 山婆~る・湯けむり紀行 | トップページ | みちのく湯けむり紀行 レポート② »

□温泉・スパ」カテゴリの記事

コメント

spadeutunosamuさん♪

>心落ち着く湯煙旅ですよね。

@( *´艸`)@< それが欲張り過ぎて忙しくハシゴ湯!!

バイクだと温泉は1ヶ所くらいなので車で行く時がチャンス!!
本当は1日5か所くらい回りたかったんだけどな~

投稿: 花ひつじ | 2014/07/01 21:41

spade捕手♪

@(ノ∀`●)@< 当初は連れの希望で秋田直行だったんだけど何とか回避
福島飯坂(まるせい果樹園)からR13をチンタラと北上しました
日中の山形縦断ってのは 県民性の運転もあり結構なノロノロ
途中「米沢牛食いてぇ~」「山形牛でも良いぞ」「ワイナリー行きてぇ~」
と欲望ばかり膨らんだものの寄る場所が見当たらず…
結局 迂回、迂回で肘折の山奥まで時間を消費

@( ̄▽ ̄)@< 昼間の露天の良いところはね~
絶対的に空いていることかな!! 
旅館のゴージャスな温泉を利用する場合には12時頃が狙い目
前日の宿泊客がチェックアウトした後で掃除も終了して
本日のお客様待ちの時間なので 貸切でゆっくりできるよ
あと明るくて不安がないので 湯船で旅人同士が仲良くなれることかな?

投稿: 花ひつじ | 2014/07/01 21:37

こんばんは。
え~と、とても魅力的な内容ですけど、なんというか・・・
心落ち着く湯煙旅ですよね。
あ、全然関係ありませんが、今日は失礼しました。^^

投稿: utunosamu | 2014/06/30 22:28

1日目に秋田のどこに泊まったかは分かりませんが、
15:30に肘折温泉ということは。。。(汗)
結構ハードですね。
もちろん夜も温泉ですよね(笑)

山形って今まであまり縁がなかったので、
興味深く拝見しました!
昼間の露天風呂もあまり経験がないのですが、
朝や夕方と違った感じなんですかね。

まさに湯けむり紀行!

投稿: 捕手 | 2014/06/29 19:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山婆~る・湯けむり紀行 | トップページ | みちのく湯けむり紀行 レポート② »