« リアル15の夜♪ Vol.1 逃亡編 | トップページ | リアル15の夜♪ Vol.3 崖っぷち前編 »

2010/07/10

リアル15の夜♪ Vol.2 逃亡編

本日の関東地方は全般的に雨。夜になり結構強く降ってまっせ。

ちょっとずつ思い出ぽろぽろなんだけど、何しろ27年も前の話。 (。=`ω´=) nnnn



チャリンコで50Km以上のRunawayとなれば、軽く5~6時間かかるんでない?

こっちを夕方6時頃に出れば、たぶん到着は0時前だよなぁ~~ (。=`ω´=) nnnn

ど~やって学生服姿の女子高生2人が、夜中にユースに潜り込んだんだっけかな?



覚えてるのは…途中で 「鎌倉はこっちじゃない」 って気付いた事と

それまでは 「どこか農家の納屋でいいぢゃん!」なんて豪語してたのに寒くなって

地図か駅の看板を見てユースに電話したんじゃなかったかな?



制服なのは思い出作りの卒業旅行だからで、道に迷った…とか何とか言ったんだな。

ユースには目か耳の若干不自由なお姉さんと、彼女のお父さんみたいな人がいて

チェックイン時はお父さんが対応してくれたはず。



親友が少ない所持金から、素泊まり一人3000を払って、シーツと枕をもらって

お姉さんに2段ベット式の部屋に案内されたような。。。

たしか、「今夜はもう遅いのでお風呂は朝入ってね」って感じで。



二人はくたびれ果てていたから、もちろんその晩はぐっすりさ ( ̄□ヾ)ファー

寝際に、「貴重な金が目減りしたので、明日は早起きして働かせてもらおう!」

ってミーティングしたっけ。



朝になり、もちろんご飯はナシ!! (*≧з≦)

「お世話になりましたが予期せぬ宿泊出費で、これでは目的地まで辿り着けそうにない」

「お風呂掃除でも、食器洗いでもさせてもらえませんか?」

と、昨夜の作戦通り交渉してみると。。。



お姉さんは案外簡単に交渉に応じてくれて…

二人で部屋に掃除機をかけて、お風呂にデッキブラシをかけたのを覚えている。



ところが! ヽ(え゚∀゚え)ノ(ノ゚∀゚え)ノ

一通りの作業を終えて、二人でわくわくして待っていると…

「ご苦労さま。もういいですよ。」

と、軽くチェックアウトをうながされてしまった。 _s(・`ω´・;)ゞ .. んん?



たぶんお姉さんは、昨夜のうちに親友がお父さんに先払いした宿泊代のことを知らず

宿泊代をタダにしてくれたつもりだったんだろうな。。。

さすがの元気な女子高生も、それ以上は突っ込めず

タダ働きしてスゴスゴと退散しましたとさ!!

世の中そんなに甘くないね!! (≧m≦)ププッ



【ほんでもって2日目のコースがこちら】\_(・ω・`)ココ重要!

☆鎌北湖を南に下り、むさし横手駅の前から延々とR299を西に。秩父をめざす!




雪をかぶった高麗川がキラキラとキレイだった~~~~(*>ω<*)

高麗川沿いをず~~~~~っと、ひたすらクネクネと走ったっけ。

途中でトラックをヒッチしてワープしてしまった箇所もあるので

旧・正丸峠を通ったことも定かではないけどね。



だぶん降してもらったのは秩父ハープ橋の手前で

そこからまたアップダウンに息はずませながら、夕方小鹿野町の民宿に転がり込んだ。



◆小鹿野町 民宿やしき
http://www15.ocn.ne.jp/~yashiki/



この旅館、今もまだ健在なようで、当時は素泊まり6000円。

またしてもイタタな出費だったけどとても親切にしてもらったな~ (*>ω<*)

φ( -ω-)ノ To be continued ☆



(過去記事 Yahoo  2009/9/12)

|

« リアル15の夜♪ Vol.1 逃亡編 | トップページ | リアル15の夜♪ Vol.3 崖っぷち前編 »

★Story」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リアル15の夜♪ Vol.1 逃亡編 | トップページ | リアル15の夜♪ Vol.3 崖っぷち前編 »